無料ブログはココログ

« 田川紀久雄日記 | トップページ | 田川紀久雄日記 »

2013年2月 7日 (木)

田川紀久雄日記

昨日は大雪にならなくてよかった。東京は雪対策に対してはどうにもならない構造である。それにしてもJRの運行予定も現実を無視したものであった。まだ雪にもなってなっていないのに七十パーセントの始発からの運行である。気象庁の大雪になるという予想はずれであった。自然というものはまだまだ人間の能力を超えた世界である。
もうすぐ春だ。地方によってはもう梅が咲き始めたという。数年前に青梅の梅林にいったことがある。水戸の偕楽園にも行ってみたい。梅は桜と違って、品のある美しさを味わえる。まだなんとか足が動くうちにいろんなところに行ってみたいものだ。
今月は私の誕生日だ。末期ガンと言われたとき、こんなにも生きていられるとは思ってもみなかった。神様から余分に貰っていのちだから大切に時間を使わなくてはならない。そして生きていられた恩返しをしなくてはならない。何とかして詩語りで世の中に恩返しができたらと思う。そのためにも本当に伝えたい詩を書いてゆくことだ。といってなかなか簡単には詩が生まれてこない。今月には詩集も出来上がってくる。楽しみだ。いまはこの詩集のテキストをひたすら語り込んでいる。「いのちを語ろう」の運動を続けていくだけだ。

« 田川紀久雄日記 | トップページ | 田川紀久雄日記 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田川紀久雄日記:

« 田川紀久雄日記 | トップページ | 田川紀久雄日記 »