無料ブログはココログ

« 田川紀久雄日記 | トップページ | 田川紀久雄日記 »

2013年2月 3日 (日)

田川紀久雄日記

このところ地震が多発している。昨日は北海道で震度5強の地震があった。その前には茨城でもあった。日本は本当に地震国である。また世界全体では異常気象である。地震に耐える国家作りには膨大な資金がかかる。特に都会が地震の危険度が高い。こんなに人口密度が高いと何が起こっても不思議ではない。貧しい生活者には地震対策もできない。もう天まかせの暮らししか出来ない。
それにしても福島の人たちはいつになったら故郷に帰れるのか。相変わらず放射能の高い地域がある。家屋の賠償もまだされていない。もう帰れない家をいつまで放置しているのだろう。賠償金ももらえないまま地方で生活する人たちは悲惨な思いでいる。第一原発がある以上、放射能は大気に流れ出ている。完全な収束はまだ四〇年後先だという。そういう中で原発反対運動から人々の気が失われかけている。円安や株高で浮かれているときではない。つねに現実も視つめる眼を失ってはならない。本当の幸せをもとめる人の眼はいつまでも哀しみに包まれている。それは詩人の眼でもある。

« 田川紀久雄日記 | トップページ | 田川紀久雄日記 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田川紀久雄日記:

« 田川紀久雄日記 | トップページ | 田川紀久雄日記 »