無料ブログはココログ

« 田川紀久雄日記 | トップページ | 田川紀久雄日記 »

2010年11月18日 (木)

田川紀久雄日記

午前中に病院へ行く。
JFEのバス停の前で猫が車にはねられて死んでいた。とても悲しい一日である。
今自殺者が三万2千人もいる。健康にために自殺をするひとが約半分の数にのぼる。介護つかれで死ぬ人も増えている。ますます老齢化社会になってゆく。国は老老介護の対策が非常に遅れている。すべて個人の問題にしている。私も妹の面倒をみるために仕事に就けなかった。そのために年金が支払えなく、この歳になって大変な思いをしている。親の介護で仕事を辞めていく人が多くいる。親の年金で生活をしていた人たちもいる。親の介護で仕事を辞めたひとに、国はいくらかでも補助ができないものなのか。これでは老いたら死ねといっていると同じだ。
それとガンで仕事を辞めさせられた人への対策がない。いまの私の生活の収入はほとんどない。誰かが詩集を作ってくれる方がいればたすかるのだが。相棒がアルバイトでなんとか生きていける状態だ。何とかせねばと思いながら生きている。いのちについて本当に詩語りのできる詩人になることだ。そのためには聲に温もりのなる聲を作りたい。いまはその闘いを続けていくしかない。
昨日見知らぬ人からライブの予約が入った。ありがたいものだ。

« 田川紀久雄日記 | トップページ | 田川紀久雄日記 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田川紀久雄日記:

« 田川紀久雄日記 | トップページ | 田川紀久雄日記 »