無料ブログはココログ

2024年1月27日 (土)

漉林書房通信

急遽入院することになった。

2024年1月26日 (金)

漉林書房通信

昨日のライブは最高の出来栄えであった。築道さんが付き添ってくれなかったら、転倒していただろう。本当に助かった。彼の優しさに感謝する。これも倉田さんのおかげだ。なんとか歩けるようにしたい。詩語りができた歓びで眠れなかった。震災にあった人たちが一日も早く日常を取り戻されることをねがった語った。

2024年1月25日 (木)

漉林書房通信

ライブに行けそうだ。築道さんが付き添ってくれる。ありがたいことだ。いい加減な詩語りはできない。聴き手の心を和ます語りを行いたい。朗読に対するアドバイスは可能性ある詩人には厳しく言うが、才能のない詩人には何も助言をしない。私が求めているのは生命讃歌といのちのひかりである。困難な状況の中でも生きることに真剣な戦いに挑んでいく。詩人の聲はいのちのひかりそのものである。

2024年1月24日 (水)

漉林書房通信

明日のライブは大丈夫であるのか、何とも言えない。足腰が思うように動かない。気持ちの上ではいくつもりでいる。途中で転んでしまえば二度と歩けなくなる。ゆっくと注意をして歩くしかない。詩語りの録音をとりたい。震災にあった人たちの幸せを願って語らなければならない。

2024年1月23日 (火)

漉林書房通信

この度の地震でペットがどうしたいかが心配だ。私の家でも耳のきられた野良猫を飼っている。年齢的にはちょっと無理であるのだが、かぞくとして飼っている。まるで天使の子供のようだ。避難場所でもペットと一緒にいられるようにしたい。人間だけが優先なんておかしい。世界平和はすべての生き物に優しい心で接することだと思う。差別がある間は人間の社会も歪んでいる。保護活動を行っている人たちに心より感謝をする。詩語りで稼ぐことが出来れな援助をしたいが、詩語りもどこからも相手にされていない。私が飼っているネコのミーのことを語り込んでいる。

2024年1月22日 (月)

漉林書房通信

テキストを語りだすと眠くなってくる。これは夜中ほとんど眠れないからだ。時間をかけて語り込んでいると、それなりの詩語りになってくれる。駒込まで行けるのが不安であるが、懸命になって自分の世界を作り出そうとしている。感動を与えられる詩語りを目指して頑張っていくしかない。

2024年1月21日 (日)

漉林書房通信

ベッドから落ちるとなかなか立ち上がれない。外でころんだりしたら大変なことになる。ライブで出かけるのは心配だ。確かにつき添えがなければならないだろう。今は人生の最後の戦いである。良い詩語りをおこないたい。

2024年1月20日 (土)

漉林書房通信

努力こそがそのひとを前進させるひけつである。天才も努力を怠るとただの人でしかない。表現者は努力しても報われに世界もある。マイナーな世界は、楽しんで取り組まないとつらくなる。

2024年1月19日 (金)

漉林書房通信

世界が変な方向進んでいる。小さな幸せを大切にして生きてい戦争はたい。その小さな幸せさえ得られない人たちが多くいる。宗教を超えたみんなが幸せになる世界を詩語りで語ってゆきたい。それは生命讃歌の世界である。戦争はその生命讃歌を否定する。戦争はどちらの国も悪い。そこにはいかなる正義もない。いのちよりも大切なものはない。共に生きよう。貧しくても助け合って生きて行ける世界をめざして、共に生きよう。

2024年1月18日 (木)

漉林書房通信

いのちのひかりと生命讃歌を詩語りを通して毎日語り続けている。言葉は人の心に届いて意味を持つ。もっと多くの人達に詩語りを聴いてもらいたい。それには聲に温もりを持つことである。詩には詩の言葉にあった声というものがある。その人の生き方がその人の聲を作り出してゆく。川崎で語れる場所を見つけたいものだ。できれば学校がよいのだが、なかなか見つからない。講演料は無料で行いたい。助け合う生き方の中で幸せが訪れてくる。木曜日は介護でお風呂にはいれる。ありがたい。

«漉林書房通信